忍龍軍総帥 條「忍龍軍総帥の忍ブログ」

忍龍軍総帥 條から最新忍者情報を紹介

2014/02/02 伊賀甲賀忍者シンポジウム IN 伊賀ハイトピア

_R伊賀かんこう案内

2014年2月2日「伊賀甲賀忍者シンポジウム」が三重県伊賀市にある伊賀ハイトピアで開催

忍ばずに忍ばせていただきました(笑)

_R伊賀スイーツ

腹が減っては忍びはできぬ……ということで伊賀の某パン屋にて。

ブルーベリーを摂取して千里眼を強化します(?)

_R伊賀牛丼

腹の肉が減っては忍びはできぬ……ということで伊賀牛丼をドーンといただきました

柔らかい伊賀牛が冷え切った五臓六腑に染みわたります

極楽じゃ~

本日の目的は終了……

え?

いかんいかん、目的を忘れるところでした(笑)

今回は「忍者の教科書~新萬川集海~」の出版を記念した「伊賀甲賀忍者シンポジウム」を観なければいけません

_R忍者のきょうかしょ

三重大学の山田先生が監修、伊賀忍者研究会が編集した本「忍者の教科書~新萬川集海~」です

皆さん一家に一冊ですよ?(笑)

総帥は写真1枚分の情報提供をさせていただきました

お役に立ててよかったです(^^)!

_R進行 白伊

「伊賀甲賀忍者シンポジウム」は伊蔵さんの司会進行ではじまりました

イベントを支える黒子ならぬ白子です(白忍者だから)

_RW先生

甲賀忍術研究会の渡辺先生が尾張藩甲賀忍者の関わりを紹介

渡辺先生は甲賀忍者の末裔です!

甲賀忍者名古屋市大須に出入りしていたんですね

火術で使った忍具が発掘されないかな?と妄想を膨らませていました(笑)

尾張では武士身分だった甲賀忍者は故郷で百姓だったとのこと

土地が違えば立場が違うというのは現代社会でもありますねぇ

_Rしのび誓約書

甲賀忍者が代替わりする時には誓約書がありました

昔の文字はまったく読めません(汗)

_R吉 先

三重大学の吉丸先生は文学方面から忍者を取り上げています

おお! これは興味深い視点でございます

_R虚像にんじゃ

従来の忍者研究は歴史が中心で小説や芸能は虚像として切り捨てられる傾向があるとのこと

吉丸先生はあえて虚像(忍者)にスポットを当てて実像(忍び)の違った一面を掘り下げています

三重大学が忍者研究を始めたエピソードを紹介

三重大学と提携を結ぶスウェーデンのルンド大学の学生が忍者漫画NARUTOを読んでいた(知っていた)ことがキッカケ

うーん、これは驚きですね

_R山 先

三重大学の山田先生は古代兵法から忍者アプローチ

_R中国へいほう

中国の古代兵法が忍者に与えた影響も大きいようですね

忍者イメージは中世時代の戦いに原型ありとのこと

日本の兵法は呪術的だが、中国の兵法は陰陽五行的

この方面は私の知識が薄い分野なので、もう少し勉強しないといけないな(笑)

_R先 池

伊賀忍者研究会の代表 池田先生は出版する「忍者の教科書~新萬川集海~」の紹介、伊賀忍者研究活動での驚きエピソードを披露

_R狼煙

1999年に伊賀忍者研究会で狼煙実験

伊賀市の現市長、副市長も参加したとのこと

また狼煙を上げる機会があれば参加したいですね(笑)

_R英語で忍者

伊賀忍者研究会のこれからの活動として英語での忍者講演をドーンと打ちだす予定とのこと

海外忍者ファンへのPRは大切です

_R忍者の仕事

忍者の仕事は情報の収集、発信、分析

私はその方面に重きを置いているため一人でうなずきまくっていました(笑)

_R集合しんぽじうむ

忍者知識にたっぷり栄養が注ぎこまれた素敵なイベントでした

_Rい 蔵

最後に……司会進行を務めた伊蔵さんの忍者衣装ちぇきら

白をベースにした装束と赤系の手甲が素敵なコンビネーションを描いています(^0_0^)