読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忍龍軍総帥 條「忍龍軍総帥の忍ブログ」

忍龍軍総帥 條から最新忍者情報を紹介

2014/04/12 大正時代の忍者研究(伊賀連携フィールド市民講座)

_R大正忍者

昨年度に引き続き、今年度の忍者・忍術学講座がはじまりました

 

2014年4月12日に伊賀ハイトピアで開催されたのは三重大の山田先生による「大正時代の忍者研究」

 

あまりスポットを当てられない時代なので興味深いですね

 

千さんのブログでも紹介されています

 

 

_R忍術と環金術

「当時の研究の中心は正忍記で、大正時代には万川集海は発見されていなかった」ということです

 

それって何じゃらほい?と思った人に補足

⇒藤林正武「正忍記」、藤林左武次保武「万川集海」、服部半蔵「忍秘伝」が有名です。

藤林左武次保武「万川集海」が一般に知られるようになったのは戦後から。

長らく絶版になっていた「正忍記」の現代語バージョンは今年リリースされました。

 

_R忍術の極意

大正時代の忍術研究で有名な伊藤銀月「忍術の極意」

 

お坊さんが柱をのぼってくイラストがあります

 

実践するのは無理です(笑)

 

_R即席

◆東京催眠術学会

「忍術気合術秘伝」

「即席活用忍術気合術秘伝」

◆森破凡

「胆力養成忍術虎の巻」

◆双竜軒

「神秘開放変化自由忍術魔法秘伝」

◆富久谷秋剣

「変現出没自在忍術気合術読心術極意秘伝」

 

今回の講座で紹介されていた大正時代の文献ですが、長めのタイトルが多い(笑)

 

 

日本の音楽界でも長めの曲名をつける流行りがあったことを思い出しました

 

お問い合わせページ