忍龍軍総帥 條「忍龍軍総帥の忍ブログ」

忍龍軍総帥 條から最新忍者情報を紹介

【都会で忍者修行】ボルダリングで忍者修行

f:id:aichi-ninja:20160105185215j:plain

忍者モチベーションを上げるために新しい修行「ボルダリング」にチャレンジ!

 

一言でいうと、ボルダー(岩)をつかんで登りやがれ!です。   

 

忍者的には断崖絶壁を登るイメージがありますが、私には無理(笑)  

都会の一角で修行するのが1番ですね。

 

f:id:aichi-ninja:20160105191155j:plain

ボルダリング専用シューズはフィット感がキツめ。すぐに慣れます。

専用シューズが無い人は有料レンタル可。

 

f:id:aichi-ninja:20160105192847j:plain

登る前にチョークを指や手のひらにつけます。滑り止め防止です。

 

初心者にありがちなのが、登る時にチカラいっぱいボルダー(岩)を掴むことです。

f:id:aichi-ninja:20160105190507j:plain

初心者の私は知らずにやっちまいました……。

最初の30分で腕力を使いすぎ。

二の腕パンパン・手のひらパンパン。後半はヘロヘロのヘロコプター。

 

(状況次第ですが)指は引っ掛ける感覚で、脚のチカラを上手く使うのがコツ!後でわかりました(笑) 

f:id:aichi-ninja:20160105191946j:plain 

事前知識ゼロの中、どこまでやれるのか⁉︎というテーマでしたが、身体が動かない……。 

  

 

 

f:id:aichi-ninja:20160105193322j:plain

初心者向けのボルダーは掴みやすく、足を引っ掛けやすい。

それに対して上級者向けボルダーは掴みにくく、足を引っ掛けにくく、難しいポジションに設置されています。

 

f:id:aichi-ninja:20160105193859j:plain

今日の結果は、初心者レベルの8Qでした。

 

忘れないうちに反省点を挙げると……

 ・登る前のイメージ作り

・上半身にチカラを入れすぎない 

・ボルダー(岩)を掴む時に肘を曲げすぎない

・上記をベースにした上半身と下半身のボディバランス 

 

そして、最大の課題はダイエット……。   

現実を突きつけられた素晴らしい修行でした(笑)   

 

未来予知によると、明日は筋肉痛になります……。

 

お問い合わせページ  

 

 

 

 

忍者手甲鉤(てっこうかぎ)お値打ち価格で新登場! 

昔、忍者は手甲鉤(てっこうかぎ)で壁に登ったと言われています。

うーん。これは難しいですよ(笑)