忍者活動研究 〜Ninja Activity Research〜

現代の忍者活動を通して、忍者を研究するブログ

優勝! 伊賀流手裏剣打選手権大会 前夜祭 団体戦 2019/03/09

f:id:aichi-ninja:20190311070536j:plain

2019/03/09

伊賀流手裏剣打選手権大会 前夜祭 団体戦で優勝しました!!!

九州忍者保存協会……九忍会(くにんかい)の一員として出場。

専務、勢門さん、條のチームです。

 

3人のうち2人が勝てば、チームの勝利!というルール。

 

f:id:aichi-ninja:20190311222933j:image

私が以前、手裏剣打ちの修行で四季の森 忍術道場(神奈川)、NINJA DOJO and STORE(京都)にお世話になりました。まさか今大会で対戦することになるとは!驚き!

 

団体戦の順番は以下。

私、條は先鋒。

専務は副将。

勢門さんは大将。

同点決勝になった場合は、勢門さんか専務の調子が良いほう……という流れ。

 

先鋒になってから考えたこと。

手裏剣打ちの団体戦は流れがある!

先鋒戦で負けたとしても、点数ゼロで繋ぐのと、10点で次に繋ぐのとは全然違います。

とにかく10点でも取りに行く!という意識で臨みました。ムードメーカーの役目として!

 

勢門さんが調子を維持……専務の調子が上がれば何とかなるかもしれない。

 

当初は1回戦を勝ちあがれば、御の字かな?

ここで負けてもベスト4かな?

ここで負けても準優勝かな?

本番中、そんな事を口にしていましたね(笑)

 

 

専務の調子が徐々に上がってきて、決勝に入ってから実力発揮!という素敵な展開でした。

優勝の瞬間は不思議な感覚。

応援ありがとうございました。

 

これまで、全国各地……多くの方々との繋がりで貴重なことを学びました。祝福のメッセージも嬉しかった。

 

 


手裏剣打ちの映像!

 

優勝しても、反省はやります(笑)

先鋒でムードを作ったとはいえ、先鋒戦においては1勝2敗……。

良い感じに固めたフォームを元に、リリースポイントや手首の使い方を研究予定!

上体の使い方も改善ですね。

気を緩めず、これからも精進していきます。