忍者活動研究 〜Ninja Activity Research〜

現代の忍者活動を通して、忍者を研究するブログ

忍者は失敗を糧にする!伊賀流手裏剣打選手権大会 団体戦までを振り返って

f:id:aichi-ninja:20190326232141p:plain

 

最新の忍者記事アクセスランキング。

4位に伊賀流手裏剣打選手権大会 団体戦 優勝の記事がランクイン!これは嬉しい。


優勝! 伊賀流手裏剣打選手権大会 前夜祭 団体戦 2019/03/09 

 


半年前の事を考えると信じられないですね。


昨年……2018年9月、手裏剣打ち大会の個人戦は予選落ち。

できる限り準備して臨んだけど、結果に繋がらず落ち込みモードに……。


気持ちが落ち着くまで、結果報告のブログ更新は1ヶ月遅れでした。 

そして昨年12月、九州忍者保存協会のチーム「九忍会」で団体戦に出場することが決定。



私は、個人の予選で上手く行かなかった事の要因を洗い出すことにしました。


①的までの距離感、周囲に惑わされない

②手裏剣を指に馴染ませてから打つ

③徹底的に身体の緊張をほぐす

④手裏剣打ちフォームの見直し


上記の4点が予選で見えた課題でした。

キツかったけど、向き合って良かったです。 

それが2019年3月9日の団体戦に活きました。

チームにも恵まれ専務、勢門さんのチカラが大きかったです。




 

失敗を糧にするには

向き合うこと


次の機会に必ずしも上手くいくわけでは無いけど……

向き合うことで道が繋がる場合もある!ですね。 



お問い合わせ

http://aichiken-ninja.hatenablog.com/entry/2015/12/13/003845

有料相談を承っています。

忍者以外のジャンルも相談可

内容によっては対応不可の案件もございます。

予めご了承ください。