忍者活動研究 〜Ninja Activity Research〜

現代の忍者活動を通して、忍者を研究するブログ

忍者・忍術学講座「信州松本藩の忍者」を受講!2019/04/20

f:id:aichi-ninja:20190420195806j:plain

久しぶりに

伊賀で開催の忍者・忍術学講座を受講してきました。


テーマは「信州松本藩の忍者」

三重大 山田教授がトークされました。



f:id:aichi-ninja:20190420201813p:plain

■信州松本藩に雇われた忍びは芥川家。


雇われる忍者家族は「一家」のみ、なんですね。 



■忍びである芥川九郎左衛門義成が残した

「道中日記」 

1856年に松本を出発し、越後・津軽蝦夷地、仙台、他を訪れた日記。






f:id:aichi-ninja:20190420201133j:plain

甲賀隠術極秘(こうかおんじゅつごくひ)


忍びは勉強、修行しなさい、秘密守れよー!という心得が今に残っています。


大凧(おおだこ)に乗った忍び 服部源蔵が、秋田の金沢城に火を降らせた記述があります。


片手に松明(たいまつ)を持ちながら凧に乗れるのか? それともフトコロに仕込んだ火薬系のブツを空から城に降らせたのか? 謎が残りますね。




「奥義者一子相伝之事」

奥義は限られた者にしか伝えてなかった。一子相伝!という言葉にはロマンがあります。



f:id:aichi-ninja:20190420202148j:plain

砂袋に隠れる術についても文書が残っています。冬はともかく夏は暑いだろうな……。

とりあえず、現代忍者はこんな事しません(笑)



忍者・忍術学の講座は思考を深める良いキッカケになりますね。




※三重大から公開された要旨

http://www.human.mie-u.ac.jp/kenkyu/ken-prj/iga/kouza/2019/2019-1.html




お問い合わせ

http://aichiken-ninja.hatenablog.com/entry/2015/12/13/003845

有料相談を承っています。

忍者以外のジャンルも相談可

内容によっては対応不可の案件もございます。

予めご了承ください。