忍者活動研究 〜Ninja Activity Research〜

現代の忍者活動を通して、忍者を研究するブログ

新型肺炎コロナウイルスが忍者イベントに与える影響とは?

f:id:aichi-ninja:20200215014846p:plain

2020年2月15日現在

世界各地で猛威をふるう新型肺炎コロナウイルス

日本でも広がり始めています。


対応の早い企業、運営は

人が多く集まるイベント、音楽系ライブ、握手会の中止を発表。


インバウンドなどの

観光的な要素が多い忍者イベントでは、まだ動きは無い模様。

今後、影響が出てくる可能性は高いと見ています。


感染の長期化がある場合、団体および個人の忍者運営が厳しくなる所も出てくるかもしれません。


忍者ショー、忍者教室、忍者系サービス業といったリアルのみでお客さん対応するビジネスモデルの見直しが必要になる事態ですね。


もちろん、リアルがダメだからネットのみで稼ぐ!といった話は簡単ではありませんが……

置かれた環境への対応。

現代忍者の生き残る方法を早め早めで打ち出していかないと手遅れになります。


手遅れになった場合、どうなるか?


戦国時代、江戸時代

忍びの歴史を学べば答えは見えてきます。



何としてでも生き残りましょう。

皆さん、健康にお気をつけて。